うちの古民家はこんな感じ!購入当初と現在の様子

古民家のこと

こんにちは!nitilです。

古民家を購入して4ヶ月程経ちますが、

打ち合わせやリフォームの為に通っているうちに、なんだか家が我が子のように愛しく思えてきているこの頃です。

今回はそんな我が家を紹介します。

購入後、天井や壁を解体していただいたので、現在はかなり雰囲気が変わっています。

購入時の我が家

我が家は母屋、納屋、離れの3つの建物で構成されています。

購入時、母屋は築70年程だろうと聞いていましたが、その後市の調べにより、築95年程だと判明しました。

母屋、納屋はかなり古い建物ですが、綺麗に手入れされていて、リフォームもされているので、ぱっと見築95年には見えません。

内装もかなりリフォームされていたので、古民家というよりは、少し古い昭和の家という感じでした。

少し床が傷んだりはしていましたが、生活に大きな支障もなく、そのままで良ければすぐにでも住めそうでした。

こちらは外観です。

 

続いて内観です。

ほとんどリフォームされていて、古民家という感じはあまりしません。

壁も天井も張り替えられています。大きな梁も見えません。

私の母や大工さんに聞くと、昭和にこういう雰囲気が流行った、とのことだったので、それに合わせてリフォームしたんだろうなという感じでした。

 

続いて納屋。

納屋はおそらく建築当時のままだと思います。

農業をされていたようで、農機具などが残っています。

 

続いて水回り。

水回りはリフォームされていて、とても綺麗で、そのまま使えます。

水回りのリフォームをしなくていいというのも、この家を選んだ決め手の1つでした。

 

(離れは後で建て増しされた物なので、最近のお家とあまり変わりません。こちらはまた後日紹介させてください。)

…と、こんな感じなので、このまま住んでも良いのですが、

せっかく古民家なのに梁も見えないのは寂しい!古民家の雰囲気に戻したい!

ということで、天井や壁を解体して、古民家の雰囲気が出るようにリフォームすることにしました。

ダイニングルームは大工さんにお願いして、残りはセルフリノベーションすることにしました。

 

待っててね!立派な梁!

現在の我が家

古民家らしさを取り戻すべく、リフォームされていた天井や壁を解体してもらい、

現在はガラッと雰囲気が変わりました。

先日遊びに来てくれた友人も、座敷の天井を解体してくれました!

友人は現在古民家を修復中で、新しい家も自分で建てる予定だそうです。

心強い仲間がいてくれて本当にありがたいです…!!

 

見事に立派な梁や壁が現れました!

素敵素敵…!これぞ古民家です。長い間これらが隠されていたなんて…!

大工さんが弟子入りした頃は、こういった梁などを隠して現代風にする工事が多かったそうです。勿体無いなあと思いますが、住む人の好みに合わせてリフォームして、大切に住み継いできたということですよね。

今度は私が住み継ぐ番です。私も受け取ったバトンをいつか次の世代に渡せるように、

大切に住まわせてもらおうと思います。

これからリフォームをして、家具を入れて、家電も揃えて…

まだまだやることいっぱいですが、わくわくする気持ちを糧に頑張ります!

 

リフォームが終わってここで暮らせる日がとても楽しみ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました